80年代に活動し絶大な人気を誇ったロック・バンドBOØWY(ボウイ)。

BOØWY のデビュー35周年を記念したサイトに謎の広告「BOØWY 20170807」が出現し、ファンを騒然とさせています。

今年2017年の8月7日に、いったい何が起きるのでしょうか?

Sponsored Link

BOØWY 20170807の広告の意味は!?

2017年8月7日に何かが起きる!

BOØWYが今年でデビュー35周年になるのを記念して「BOOWYデビュー35周年アニバーサリー・リリース第一弾」が行われるとの発表がありました。

6月28日(水)には“アニバーサリー・イヤーの先陣を切る”として、現在は入手困難な紙ジャケアルバムを限定復刻した7作品が発売されます。

共通価格:税抜¥2,300

(1)『BOOWY』

(2)『JUST A HERO』

(3)『BEAT EMOTION』

(4)『PSYCHOPATH』

(5)『SINGLES』

(6)『オーケストレーションBOOWY』

(7)『THIS BOOWY』

7月26日(水)には“マニア垂涎”オリジナルアルバムのアナログ盤3作品を完全限定復刻したものが発売されます。

共通価格:税抜¥3,800

(1)『JUST A HERO』

(2)『BEAT EMOTION』

(3)『PSYCHOPATH』

そして、突如出現した謎の広告「20170807」。この広告の意味するものはいったい何でしょうか。

BOOWY

6月、7月と立て続けに復刻版アルバムを発売するBOØWY。

おそらく「20170807」は、今年の8月7日に何かが起きるとみてよいでしょう。

どうやら“8月7日”は、30年前の CASE OF BOØWY にちなんで、わざわざその日を選んだと見て良さそうですね。

JR高崎駅にも広告が出現!

6月3日、BOØWYの出身地である群馬県のJR高崎駅にも、記念サイトと同じ内容の広告ポスターの掲示が始まりました。

BOOWY

わざわざ出身地である群馬県高崎市のJR高崎駅に広告を掲載したところが、何かを意味しているような気がするのですが、真相はいったいどうでしょうか?

“故郷の群馬でライブ”とか、“復活を故郷からアピール”とか、そんな意味だったら嬉しいですよね(*^^*)

Twitter上での、広告への反応

当然ファンの関心は高く、TwitterにはBOØWYの動向を気にするツイートがいくつも寄せられています。

綾小路翔さんもこの件でツイートしています。

綾小路翔さんはハッシュタグをつけて「リリース日じゃないし…」と呟いていますね。月曜日はリリース日ではないとしたら、やっぱりBOØWYのライブ開催を期待してしまいます。

もしBOØWYが1日限定復活するなら、ライブ会場はどこ?

もしも、BOØWYが1日限定復活するとしたら、ライブ会場はどこになるのでしょうか?

8月7日主なライブ会場(キャパ1万人以上)のスケジュールを調べてみました!

(6月4日時点での情報です)

・東京ドーム:△

(8月7日のスケジュールは空いているが、6日と8日に野球の予定が入っており、会場設営が困難と思われる)

・さいたまスーパーアリーナ:△

(前日の8月6日にライブの予定が入っており、会場設営が困難と思われる)

・横浜アリーナ:×

(設営日と明記されており、翌日には A.B.C-Z のコンサート予定が入っていることから、BOØWYのライブはあり得ない)

・日本武道館:◯

(8月6日~8日までスケジュールが空いている)

・幕張メッセ:◯

(アリアナ・グランデのように国際展示場の1~4をぶち抜いて使うとしたら、8月6日~8日までスケジュールが空いている)

BOØWYの人気を考えたら、幕張メッセ日本武道館あたりでライブ開催はあり得ますよね!

あとは氷室京介さんの耳の調子(突発性難聴)や、確執があったとされる氷室京介さんと布袋寅泰さんの間柄の現状が気になるところですが、もしライブ開催だったら本当に嬉しいです!!

例えライブ開催が無かったとしても、8月7日のBOØWY関連の動き(何かをリリースだとか)はファンにとって嬉しいものとなると思います(*˘︶˘*).。.:*♡

Sponsored Link