実写映画化されることで話題の「ママレード・ボーイ」。

その作者、吉住渉さんはどんな方なのでしょう?

吉住渉さんのプロフィールや作品一覧をまとめてみました。

「ママレード・ボーイ」作者・吉住渉のプロフィール

吉住渉

名前:吉住渉(よしずみ・わたる)

本名:中井真里子(なかい・まりこ)

 

吉住渉さんは1963年生まれです。

出身校は筑波大学附属中・高校~一橋大学経済学部卒業という、大変優秀な才女です!

 

1984年に「One Day・・・?」で第16回りぼん新人漫画賞佳作を受賞します。

そしてその年「ラディカル・ロマンス」で漫画家デビューをします。

ちなみにその年、漫画家デビューを果たした「りぼん」出身の漫画家の中にさくらももこさんがいます。

 

1987年春に大学を卒業したあとはNECに就職し、しばらくは営業担当のOLをしながら漫画を描き続けていました。

しかし次第に仕事と漫画執筆の両立が困難になり、1988年秋に会社を退社。

以降は専業の漫画家として活動を続け、現在に至っています。

 

デビュー後しばらくは「りぼん」や「りぼん増刊号」を主な活動の場にしていた吉住渉さん。

2000年代後半に入ってからは「コーラス」や「マーガレット」などにも活動の場を広げています。

 

学生時代にテニス部に所属していた吉住渉さんは大のテニス好きで、そのことが代表作「ママレード・ボーイ」などの作品にも反映されています。

ちなみに吉住渉さんが一橋大学時代に所属していたテニス部の、1年後輩には楽天の三木谷浩史さんがいらっしゃいます 😯 

 

吉住渉の作品リスト

吉住渉さんの作品(単行本)を、連載開始の年代別にまとめてみました!

1980年代

・四重奏ゲーム

・ハンサムな彼女

 

1990年代

・ママレード・ボーイ

・君しかいらない

・ミントな僕ら

 

2000年代

・ランダム・ウォーク

・ウルトラマニアック

・だって好きなんだもん

・P×P

・チェリッシュ

・スパイシーピンク

・カプチーノ

・ちとせetc.(エトセトラ)

 

2010年代

・ママレード・ボーイ little

 

こうして吉住渉さんの作品を並べてみると、見聞きしたことのあるタイトルばかりでビックリです!

そういえば昔、自分も「りぼん」で読んでいたな~・・・と、懐かしい気持ちになりました(*^^*)

1980年代から現在に至るまで、ずっと漫画家の第一線として活動されてきたところが凄いですよね!

また吉住渉さんの漫画を手にとって読みたくなりました(*^^*)

 

以上、「ママレード・ボーイ」作者・吉住渉さんとその作品についてでした(^^)/