ドロキュン劇場「奪い愛、冬」には、話題となるシーンがいくつも出てきましたね!

奪い愛、冬

第5話までの名場面を動画で振り返ってみましょう!

Sponsored Link

水野美紀が演じる恐ろしい妻・森山蘭の名場面動画

水野美紀さんが演じる、妻・森山蘭が狂気に満ちていて怖いと、視聴者の関心をとても引きつけ、大きな話題となっています。

水野さんの演技がみたくてドラマを見ている人も多いのでは?

そんな水野さんが演じる森山蘭の、名場面を集めたのが上の動画です(*^^*)

夫への足さすり要求

「ちょっと右足が・・・」

凍りつくスライドショー

「この写真のデータ、1枚だけ残してたでしょう・・・私、削除しちゃうかも、コイツを」

虫は潰す派

「信は、虫が入ってきたら、追い払う派?・・・アタシはぁ、潰す派」

クローゼットのかけひき

「ホントに一人だった?」
(信「当たり前だよ」)
「・・・(クローゼットの扉の前で)じゃあね~」

クローゼットの仕返し

「ここにいるよ~」
(光「キャッ!」)
「あんたが信のこと騙してるんでしょう!?」
(信「違う!」)
「違わないよぉ~~~~~おおおおおお!!!!!」

崖の上の脅迫

「アタシから信を奪わないで。奪う気なら・・・あなたをここから突き落とす」

バレンタインの土下座

「皆さ~ん!この女、アタシから夫を奪おうとしたんです~!」
「ここに土下座して!自分で食べなさいよ!!!」

(タイトルなし)

「ぅああああ~~~っ!!むしってやる!」

これからも森山蘭奪い愛は続く・・・

 

Sponsored Link

三浦翔平が演じる、どんどん壊れていく奥川康太名場面集

登場したときは優柔不断な癒し系男子だったのに、光と信に対する嫉妬心からどんどん壊れていく奥川康太を演じる、三浦翔平さん。

三浦さん自身が、脚本の鈴木おさむさんに「もっと激しく壊れていく描写を」とリクエストされたそうで、本人の並々ならぬ演技への意気込みが感じられますね(*^^*)

そんな三浦さんが演じる奥川康太の名場面を集めたのが、上の動画です。

海で雄叫び

「うあ~~~~~~っ!!!!!」(叫びながら着衣のまま海へ入っていく)
(光「ちょっ!康太!」)

盗み見の後悔

(秀子「あの中に昔付き合ってた人の写真が・・・」)

(しかし出てきた写真は康太と光のツーショット写真)

「俺!!何やってんだよっ!!あああああ~!!!」

裏切りで大ショック

(麻紀「光は?まだ会社?」)
「来て・・・ないですか?」
(持っていた傘を、激しく床に叩きつける)

幻の殺意

(射的ゲームの的に、信の顔を重ね合わせる)

執拗な確認

「俺を裏切るようなことした?・・・・してないでしょ?してないよ~(笑)答えないってことは何もないってことだよね~」

星に願った他人の不幸

「俺も願いました。お二人が、幸せになりますようにって」
(康太心の声「コイツが・・・信が消えますように」)

告白が呼んだ衝撃!

(信「俺はまだ・・・光のことが好きだ」)
(影から見ていた康太の目が大きく見開かれ、表情は狂気に満ちている)

愛の手錠

「た~いほ(笑)」
(光「何これ!?」)
「ほっとくとまたアイツのとこ行くだろ?」
(光「待って・・・」)
「待たないよ!!はははははっ!俺の思った通りにするんだ」

思い通りに生きる!

「じゃ~したいようにしよう、光をもっと愛そう」

愛と脅しの婚姻届

「さ~今日はイベントが目白押しだ。さ、書いてっ。ね~光~、早く書いてよぉ~。今からね、出しに行くから」

悪魔の交換条件

康太「光は俺のところに戻ってくる・・・この人がいなくなれば」
蘭「ははははは~っ!悲し~い!・・・黙ってて欲しければ、アンタも(立てた人差し指を口にあてる)」

 

ここまで、どれも印象に残る場面ばかりでしたね!

それだけ水野美紀さんと三浦翔平さんの演技が上手だということですよね。

残る2回の放送、どんなシーンが出てくるか、目が離せません!

Sponsored Link