東京藝大出身のクラシック歌手、佐藤直幸さんが11月22日放送の「THE カラオケバトル」に出場します!

 

佐藤直幸さんの圧倒的な歌唱力は東京藝術大学でも折り紙付きで、在学中に大学創立100周年の演奏会でソロを務めたり、サラ・ブライトマンのツアーでバックコーラスを務めたほどです。

 

佐藤直幸さんのプロフィールや、所属するコーラスグループについてまとめてみました!

 

 

佐藤直幸は東京藝大出身のエリート歌手!実家は音楽家?

11月22日放送の「THE カラオケ★バトル」は、全員が番組初出場の「歌の異種格闘技戦 ルーキーズカップ」です 🙂 

 

今回は「ルーキーズカップ」に登場する「クラシック」代表のテノール歌手・佐藤直幸さんに注目してみました!

佐藤直幸

 

佐藤直幸さんは宮城県大崎市の出身です。

 

古川高等学校を卒業後、東京藝術大学音楽学声楽科へ進学し、大学院音楽研究科の修士課程を修了しています。

 

佐藤直幸さんの年齢を調べてみたのですが、生年月日が公表されておらず、はっきりとしたことは分かりませんでした。

 

ただ、佐藤直幸さんについて2013年の芸大フィルハーモニア定期公演のときに「修士課程声楽独唱専攻1年」という記述があったので、現在は20歳代後半くらいかと推察されます。

 

佐藤直幸さんは芸大の大学創立100周年の演奏会でソロを務めたほどの実力の持ち主です!

 

入学するのも困難な東京藝術大学の、エリート揃いの中でソロを務めるなんて、

佐藤直幸さんって超~優秀なんだと思います><

 

そんな佐藤直幸さんですが、普通のサラリーマン家庭で育ちました。

 

てっきり音楽一家にでも生まれ育ったかと思ったら違ったんですね 😯 

 

佐藤直幸さんが何故音楽の道へ進もうかと思ったのか、そのきっかけは

中学3年のときに教室の授業参観で見たオペラ「アイーダ」でした。

魅惑のオペラ(第6巻) ヴェルディ アイーダ (小学館DVD book)

 

ドミンゴの歌に衝撃を受けた佐藤さんは「俺はこれをやる」と思ったそう。

 

音楽の授業がきっかけで、将来の夢や目標が決まることがあるんですね!

 

私も真面目に授業を受けていたら、今頃は違う職種を選択していたのかも・・・なんてちょっと思ってしまいました^^;

 

佐藤直幸さんは現在テノール歌手としてオペラに出演したりしています。

 

また、2016年にはサラ・ブライトマンのツアーでバックコーラスを務めました 🙂 

 

佐藤直幸の所属するコーラスグループ「アンサンブル・コノハ」について

佐藤直幸さんは、音大卒の男女で結成されたコーラスグループ「アンサンブル・コノハ」の一員でもあります。

アンサンブル・コノハ

 

アンサンブル・コノハの名前の由来は、

CO(こころ)NO(の)HA(はな)。

日本人ならではの抒情性(じょじょうせい)を大切に、

心に咲く“花”のような歌を届けたい、とつけられています。

 

アンサンブル・コノハのメンバーの中には、カラオケバトルに出演して優勝経験のある中村萌子さんもいらっしゃいます(*^^*)

 

中村萌子さん出場時の動画が、こちらです。

 

そして、アンサンブル・コノハの歌がこちら。

 

中村萌子さんも、アンサンブル・コノハも、流石の歌の上手さですね!!

 

以上、カラオケバトルに出場の佐藤直幸さんについてでした(^^)/

よろしければこちらの記事もご覧ください☆彡

カラオケバトル採点方法は?精密採点DX-Gで高得点が出るポイントをチェック!

AKANE(水雲)の本名や年齢は?高校時代画像や衣装もチェック!【カラオケバトル】

昭和歌謡アイドル智本莉加のプロフィールや実力は?【カラオケバトル】

山口ひろみが北島三郎に弟子入りの理由は?【カラオケバトル】

ご当地シンガー岡田賀江(メビウス)はカープ菊池選手激推し!【カラオケバトル】

松田真将が億稼ぐ会社を譲って歌手になった理由が泣ける【カラオケバトル】