元・国民的子役で現在は女優の斉藤こず恵さんが、実はダイエットとリバウンドで稼いでいた過去を「有吉反省会」で明かしました!

Sponsored Link

斉藤こず恵はどうして太った?最高体重は?

斉藤こず恵

斉藤こず恵さんは1967年生まれ、今年で50歳になります。

斉藤こず恵さんは3歳で劇団に入団します(同期には坂上忍さんと杉田かおるさん)。

1974年に放送されたNHKの朝ドラ「鳩子の海」で、主人公・鳩子の少女時代を演じ、天才子役として一躍有名になりました。

1976年に発売したシングル「山口さんちのツトム君」は売上50万枚を突破し、大ヒットしました。

しかし、実は隠し子だったという斉藤こず恵さん。売れると同時に、心無いマスコミからその事実を聞かされたり探られたりして、芸能活動を退き単身アメリカへ留学します。

1996年にニューヨークでアメリカ人の実業家と結婚し「玉の輿に乗った」と言われましたが、日本にいる家族の介護のために帰国します。

この頃の体重がピークで、「97キロまでは測っていたけど・・・」と言っていたので、実際はもっと体重は重かったのかもしれません。

そしてストレスで激太りし、夫と離れ離れの生活に終止符を打って離婚したのは2002年のことでした。

斉藤こず恵さんが太ったきっかけは、介護や夫と離れ離れになったことによるストレスが原因だったのですね。

Sponsored Link

斉藤こず恵は自らのダイエットとリバウンドで稼いでいた?

斉藤こず恵さんは5月20日放送の「有吉反省会」で、太って本を出版し(33歳の時に「太っていたっていいじゃない!」を出版)、2年後に減量して「太っているのはもうヤメた!」を出版、しかしすぐにリバウンド、そしてまたダイエット…で稼いできたと過去を明かしました。

確かに、26キロ減量→28キロリバウンド→39キロダイエット→79kg(現在の体重)は増減の幅が大きすぎますよね。しかも最高で57キロも落としたことがあると言ってました 😯 

斉藤こず恵さん本人も「脱・リバウンドしたい」とは言いつつも、その翌日に甘いものをガッツリ食べちゃってたりするそうです^^;

斉藤こず恵差し入れ
「有吉反省会」での差し入れ、だそうです(オフィシャルブログより)

ちなみに斉藤こず恵さんの好物は麺類で、ラーメンの替え玉なら7つはイケるそう 😯 

また、斉藤こず恵さんのファンも「こず恵さんが食べてるのを見るのが好き」なんておっしゃるそうで、これはなかなかヤセられないかもしれないですね^^;

実はモテモテの斉藤こず恵さん、恋愛遍歴は?

斉藤こず恵さんの体型が外国人にはウケるのか、実は11カ国もの人とお付き合いしたことがあるそうです 😯  凄い!

日本にいると、周りのイケメンが若すぎてイケメンに感じないそうです。

しかも、周りの若手俳優からキスシーンの練習相手にご指名されちゃうんだとか!!

ちょ!超~うらやましいです!!!

有吉反省会では、バカリズムさんとのキスシーンを披露してました 😉 

バカリズムさん、ありがとうございました。 唇でのお付き合い、光栄でした( ̄ー+ ̄)

個人的には、斉藤こず恵さんの体型は個性だと思うので、身体を壊さない程度に(「膝が痛い」など言わない程度に)ふくよかならOKだと思います!

だってモテモテですし、自分が斉藤こず恵さんのポジションなら、そのポジションを死守したいです(笑)

Sponsored Link