武田鉄矢が主演を務めることが決まっている『水戸黄門』は6年ぶりに復活ということで話題になっています。

そして、ついに助さん役と格さん役が発表されました!

助さんを務めるのは財木琢磨さん、格さんを務めるのは荒井敦史さんです。

新しい助さんと格さん

新しい助さん役と格さん役の2人について調べてみました(*^^*)

Sponsored Link

水戸黄門で新たな助さんを演じる財木琢磨さんをチェック!

財木琢磨さんプロフィール

名前:財木琢磨(ざいき・たくま)

生年月日:1992年10月15日

身長:178cm

体重:65キロ

出身地:福岡県

血液型:O型

特技:空手(小さい頃から習っている)、バスケットボール

主な出演作品:ミュージカル『テニスの王子様』、ミュージカル『刀剣乱舞』

財木琢磨さんが『水戸黄門』で演じる“助さん”こと佐々木助三郎は“素直で明るく人懐っこい”人物です。

財木さんが選ばれた決め手は?

およそ500人の候補者の中からオーディションで助さんに選ばれた財木琢磨さんですが、選ばれた決め手は

ひたむきさと素直さ。物事を、自分の中で理解して吸収しようとする姿勢が印象的でした。そんな中にも天然な部分が見え隠れしていましたので、助さんの人懐っこさを表現してくれることを期待して

とのことです。

水戸黄門で新たな格さんを演じる荒井敦史さんをチェック!

荒井敦史さんプロフィール

荒井敦史

名前:荒井敦史(あらい・あつし)

生年月日:1993年5月23日

身長:183cm

出身地:埼玉県

血液型:O型

2009年第21回JUNONスーパーボーイコンテストにてビデオジェニック賞受賞

主な出演作品:舞台「里見八犬伝」、映画「真田十勇士」など

荒井さんが選ばれた決め手は?

荒井敦史さんが『水戸黄門』で演じる“格さん”こと“渥美格之進”は“真面目で曲がったことが嫌い”な人物です。

およそ500人の候補者の中からオーディションで格さんに選ばれた荒井敦史さんですが、選ばれた決め手は

負けん気の強さ、貪欲さ、真面目さ。真まっすぐに正面から向かっていく姿勢がとても魅力的です。また、何事にも冷静そうに見えますが、熱いものを持っているのだろうと感じています。格さんの一本気な部分を表現してくれることを期待して

とのことです。

Sponsored Link

黄門様と助さん・格さんの年齢差は44歳!

今回の『水戸黄門』で黄門様を演じる武田鉄矢さんは68歳です。

助さん・格さんを演じる財木琢磨さんと荒井敦史さんはそれぞれ24歳なので、年の差なんと44歳です 😯 

しかし今回の『水戸黄門』制作スタッフは、武田鉄矢さんと財木さん・荒木さんとの間に生まれる“化学反応”にも期待しているようです。

武田鉄矢さんが経験と積極さで財木さん・荒木さんをリードしていき、財木さんと荒木さんが様々なことに触れたり感じたりしながら成長していく様子が見られると思います。

武田鉄矢さんは「『水戸黄門』を見た人が『明日も頑張ろう!』という気持ちになれるように」と意気込みを語っていましたが、どうやらそれが実現しそうな素敵なキャスティングですね(*^^*)

6年ぶりの復活となる『水戸黄門』は、黄門様御一行が青森の八戸を目指すのだそうです。

時代劇の好きな私としては、ここ最近は時代劇が少なくて寂しかったので、6年ぶりの『水戸黄門』は楽しみです♪

ベテランの黄門様と、若い助さん・格さんに注目したいと思います!!

Sponsored Link