2月25日放送の「嵐にしやがれ」に、元・うたのおねえさんはいだしょうこさんが出演します!

はいだしょうこ

子供からも大人からも愛されて好かれる“しょうこお姉さん”のプロフィールや、しょうこお姉さんを生で見た感想などを紹介します!

Sponsored Link

はいだしょうこさんプロフィール

しょうこお姉さんの出身地・生年月日・家族

しょうこお姉さんこと、はいだしょうこさんは1979年3月25日に生まれました。うたのおねえさん時代は生まれた年は非公表だったのですが、「おかあさんといっしょ」を卒業してから生まれた年も公表されたみたいです。

出身は東京都立川市です。

お父さんは音大の先生をされていた拝田 正機(はいだ・せいき)氏。

お母さんは声楽家です。

お姉さんは薬剤師だそうですが、しょうこお姉さん曰く「歌う薬剤師」で、しょうこお姉さんのソロCDやコンサートにゲスト参加したこともあるそうです。

音楽家一家でいらっしゃるのですね(*^^*)

ちなみに、しょうこお姉さんはお母さんの若い頃にそっくりなんです!

その写真がこちら。

ね?しょうこおねえさんとお母さん、激似ですよね!

しょうこお姉さんの名前の由来

しょうこお姉さんの本名(旧姓)は拝田祥子という字を書きます(読み方は同じ)。

しょうこお姉さんがどうして「祥子」という名前を付けられたかというと、

生まれた年の干支が「ひつじ年」だったから

・・・と、昔まだしょうこお姉さんが「おかあさんといっしょ」に出演されていた頃の育児系雑誌のインタビューで見たことある気がするのですが、どの雑誌だったかは記憶にないです、ゴメンナサイ^^;)

確かに、名前の漢字に「羊」の文字が入ってますよね(*^^*)

しょうこお姉さん自身も羊が好きなようで、2歳の頃から可愛がっている羊のぬいぐるみ「メーメーちゃん」を大事にしていたり、しょうこお姉さんのブログのタイトルにも「しょうこのメーメーBlog」として使われています。

メーメーチャン
しょうこお姉さんのブログに登場する羊のぬいぐるみ。こちらがメーメーちゃんかな?

宝塚歌劇団出身~エトワールの経験も

高校2年生のときに2度めの受験で宝塚音楽学校に合格しました。1998年に音楽学校を卒業したあとは『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団します。娘役として活躍をし、2001年には星組公演『ベルサイユのばら2001』でエトワールを務めました。

千琴ひめか
しょうこお姉さんの伝説のエトワール(千琴ひめか)

エトワールとは

劇の中で盛り上がるシーンといえばパレードですね!エトワールは、このパレードの始まりで最初に歌い始める役の方を指します。 タカラジェンヌたちにとっても、目標となる役割なのです。階段の中心で、ピンスポットを浴びながら堂々と歌い上げる姿、ウットリしてしまいますね!娘役が中心となりますが、男役の方が務めることや、複数人の場合もあります。

という役です。

通常は最低でも6年目以上でないと務められないとされるエトワールを、しょうこお姉さんは異例の入団3年目で務めました。

その後は「おかあさんといっしょ」の「うたのおねえさん」を目指すため、2002年に宝塚歌劇団を退団しました。

うたのおねえさんとして活躍

2003年4月から2008年3月までの5年間、NHKの「おかあさんといっしょ」の第19代目うたのおねえさんとして活躍しました。

うたのおねえさん
しょうこお姉さんの「うたのおねえさん」時代

TVで拝見するしょうこお姉さんとても綺麗で、いつもニコニコとしていて歌も上手く素敵でしたが、先代の18代目うたのおねえさんであるりょうこお姉さんと比べると優等生すぎるという声も聞かれていました。

しかし!そんな“優等生”しょうこお姉さんが、初めてハッチャケた歌がこちら。

「おすしのピクニック」

おすしのピクニック
「おすしのピクニック」変なメイクのしょうこおねえさんが話題に

まるで志村けんのバカ殿みたいな眉毛をしたしょうこお姉さんが、オクラホマミキサーみたいな明るい曲調の歌を楽しそうに歌い踊る姿は、当時のお母さんたちの話題となりました!

この曲(メーク)をきっかけに、しょうこお姉さんの人気がますます上がったように思います(*^^*)

Sponsored Link

しょうこお姉さんは何故「画伯」と呼ばれるのか

きっかけは、レギュラーを務めていた「おかあさんといっしょ」で、当時の登場キャラクター「スプー」を絵描き歌で描いたことです。

本家のスプーは、こちら。

スプー
ぐ~ちょこらんたん「スプー」

一方、しょうこお姉さんの描いたスプーは・・・。

しょうこおねえさん作スプー
しょうこおねえさんの描いたスプー

このときの放送をたまたまリアルタイムで見ていたのですが、見た瞬間に画面を指差して爆笑してしまいましたwww 本気で放送事故だと思いましたもん。子供が見たら泣きますって(笑)

一緒に絵を描いていた「うたのおにいさん」のゆうぞうお兄さんが笑いをこらえきれなくなってしまい、しょうこお姉さんに(半ばヤケクソで?)「画伯!」と声をかけていました。

そこがおそらく、しょうこお姉さんが「画伯」と呼ばれる由来になったのだと思います。

美人で歌も上手なしょうこお姉さんの絵のレベルがこんな感じなので、かえって親しみやすくなって好感度も上がったのではないでしょうか(*^^*)

今ではしょうこお姉さんは絵のお仕事(LINEスタンプや、番組出演の際に絵を描く)こともされてますので、この「スプーのえかきうた」が放送されて本当によかったと思います 😀 

しょうこお姉さん、結婚してる?旦那さんはどんな人?

ウエディングドレスのしょうこおねえさん

しょうこお姉さんは2012年に一般人の男性と結婚されています。

お相手の男性の名前や写真は公表されていませんが、2歳年上だそうです。

ちなみに「おかあさんといっしょ」時代は、ペアで「うたのおにいさん」を務めた今井ゆうぞうさんとの仲をウワサされていました。

 

うたのおねえさん
写真右手前がゆうぞうおにいさん

一緒に食事に行くところを週刊誌に撮られたこともありましたが、しょうこお姉さんが一般人男性と結婚したことで、しょうこお姉さんの彼氏がゆうぞうお兄さんではないことがハッキリしました。

しょうこお姉さん、生で見たらどんな感じ?

この記事を書いている管理人は、しょうこお姉さんを生で見たことがあります。

一言でいうと「妖精」。マジ妖精。

色が白くて細くて儚げで美人で、すれ違ったら200%振り返る、そんなレベル。

たまたま自分の子がちょろちょろと危なかっしくしてしまったところを、しょうこおねえさんが子供を手招きして、こちらへ引き寄せてくれたんです!!!

子供、す~っと戻ってきました 🙂  流石はしょうこお姉さんです☆彡

そんなご縁(?)もあり、しょうこお姉さんに対しては格別な想いを抱いております(*^^*) 

 

いつまでもフワンと柔らかい雰囲気をお持ちの、しょうこお姉さん

これからもしょうこお姉さんには活躍していただきたいです!

Sponsored Link