ドラマ「ごめん、愛してる」日本版の放送がついに始まりましたね~。

長瀬智也さんの演じる律がひたすらカッコよくて眼福でした(*^^*)

「ごめん、愛してる」の第1話ネタバレあり感想をつづっていきます。

※過去記事→日本版「ごめん、愛してる」主題歌は宇多田ヒカル新曲!予告動画も

※過去記事→【ごめん、愛してる】登場人物(キャスト)やあらすじ、ロケ地をチェック!

ごめん、愛してる第1話ネタバレ感想

ごめ愛タイトル

律(長瀬智也)とラン(イ・スヒョク)がカッコイイ!

ドラマの舞台は韓国でのスタートでしたね。

「ごめん、愛してる」は韓国のドラマが原作ですが、韓国版の原作では第1話はメルボルンがロケ地だったんですよね。

なのでそこは日本版がロケ地を変えてきたんだな~と思いました。

まさか長瀬智也さんまで韓国語を話すとは予想していなかったので、本当に韓国ドラマをそのまま見ているようでした 😯 

第1話では、孤児の律(長瀬智也)が岡崎家に引き取られてから何故単身で韓国へ渡ったのかの謎が明らかにされてはいませんでしたが、律が韓国へ渡った理由はそのうち描かれるのでしょうか。

イ・スヒョクが演じていたランが映っていたシーン(律がプールに落とされるシーンなど)、綺麗な顔立ちの韓国俳優と日本の正統派イケメンが同時に拝めてよかったです(*^^*)

それに、副音声に切り替えると神谷浩史さんがランの声を当てていたので、こちらも楽しめました♪

サトル(坂口健太郎)の演奏は吹き替えなしでスゴイ!

そして、もう一人のイケメンが坂口健太郎さん演じる日向サトルです。

コンサートのピアノ演奏シーンは吹き替え無しで坂口健太郎さんが自ら演奏したとのことで、これはすごいな~と思いました!

演奏シーンのキリッとしたところもいいですが、塔子(大西礼芳)が好きすぎて挙動不審になっている姿とのギャップがなかなか良かったです(*^^*)

塔子のキャラが(・∀・)イイ!!

大西礼芳さん演じる塔子、私こういうキャラ好きです!

クールな外見と物怖じしなさそうな性格がいいですし、コンサートで隣の席の人の花束からバラを引っこ抜いて投げたり、サトルの誕生祝いにワインを包装もせずに持ってきたりする感性がたまらないです☆彡

塔子には今後も出番がたくさんあるといいなーと思います 🙂 

凜華役の吉岡里帆の演技はイマイチ!?

ヒロインである凜華を演じる吉岡里帆演技がイマイチという声がネット上で見られました。

吉岡里帆さんについては、めちゃめちゃ演技が上手いとは思わなかったけど、私はそれほどヒロインには感情移入しないので別に気にならなかったです。

若菜役の池内千鶴の演技はピカイチ!

律と若菜

私が演技力に引き込まれたのは、池内千鶴さんです!

池内千鶴さんの演じる若菜が、本当に高次脳機能障害を持つ実在の人物のように見えました!

私は高次脳機能障害について知識があるわけではないのですが、逆に「高次脳機能障害ってこんな感じなんだな」と勉強になるくらい、池内千鶴さんの演技が上手いと思いました!

宇多田ヒカルの主題歌に惹かれる

ドラマのいいところで宇多田ヒカルさんの歌が流れてきて、グッと切なさが増したように思いました!

主題歌「Forevermore」が発売されたら、ドラマを思い出しながらじっくりと聴いてみたいです(*^^*)

ドラマ「ごめん、愛してる」は主役が長瀬智也さんというだけでも見応えがあるのに、主題歌が宇多田ヒカルさんだなんて豪華ですよね!

ごめん、愛してる第2話予告動画

ごめん、愛してるの第2話も今から待ち遠しいです!

それまではこの予告動画を拝んで待つことにします(*^^*)

 

以上、「ごめん、愛してる」の第1話感想(ネタバレあり)でした☆彡

次週の放送も楽しみです!