ミュージシャンでマルチタレントのデーモン小暮閣下が、広島県のがん検診啓発特使に就任していたことがわかりました!

今年度の啓発ポスターも発表されたとのことで、早速チェックしてみました(*^^*)

Sponsored Link

デーモン閣下について

閣下のプロフィール

名前:デーモン小暮(閣下)

生誕:期限残98038年11月10日(満100054歳)

出身地:地獄の都 Bitter Valley 地区(東京都渋谷区)

出身大学:早稲田大学

閣下と広島県の縁はどこに?

東京都渋谷区地獄のBitter Valley出身の閣下が、どうして広島県のがん検診啓発特使を務めているのでしょうか?

それは、世を忍ぶ小学3年から5年までを広島県で過ごしたことに由来します。

ちなみに、広島東洋カープのファンであり、その本拠地(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)のスコアボードで流される球団歌『それいけカープ~若き鯉たち~』の2014年度版の歌唱映像には閣下自身も参加していました。

「この顔にガーン!ときたらがん検診」!?

左は広島県の湯崎知事

5年前から広島県の特使を務めているデーモン閣下。

この日は戦闘服(衣装)は鯉があしらわれ、額の飾り(?)は紅葉をかたどっているなど、広島をたっぷりと意識した格好でご登場されました。

そして、県庁の湯崎英彦知事とともに今年度の新ポスターをお披露目しました。

広島県のがん検診の受診率は年々増加してはいるものの、広島県が目標とするがん検診受診率50%には達していないそう。そのため、閣下も参加してがん検診を呼びかけることとなった次第です。

Sponsored Link

Twitterでの反応

Twitterでは、このように、閣下の博識なところとサービス精神の旺盛さに感心するツイートが並びました(*^^*)

閣下のこの活動で、広島県のがん検診受診率が上がるといいですね(*^^*)

Sponsored Link