アメリカの人気歌手アリアナ・グランデさんが8月15日に行なった韓国公演が、その前に行われた日本公演との対応に差がありすぎるとして韓国で非難の声が上がっています。

いったい何が起きたのでしょうか。まとめてみました。

アリアナ・グランデ、公演準備の態度に日韓で「差」があった!

アリアナ・グランデ

日本公演へは2日前に来日し、入念なリハーサルを行う

アリアナ・グランデさんの来日公演は、8月10日、12日、13日の3回行われました。

 

アリアナ・グランデは公演の2日前である8日に来日し、9日には会場の幕張メッセで入念なリハーサルを行い、準備万端でコンサートに臨みました。

 

アリアナ・グランデさんはインスタグラムに「ただいま」と日本語のメッセージを掲載したり、コンサートの中でも流暢に日本語で挨拶していました(*^^*)

 

親日家としての顔をのぞかせてくれたアリアナ・グランデさんに、日本のファンは大喜びでした♪

 

韓国公演へは公演わずか3時間前に訪韓、滞在時間わずか7時間

一方、アリアナ・グランデさんは15日の韓国公演では、14日に訪韓予定だったのを公演当日の15日へと訪韓のタイミングをずらしました。

 

さらにアリアナ・グランデさんは、コンサート会場でのリハーサルは行わず、なんとトイレで声出しを行なっていたそうです 😯 

 

そしてコンサートが終了すると、その日のうちに韓国を出国してしまったのでした。

 

コンサートは完璧で、コンサートの内容自体には韓国のファンも満足しているようです。

 

しかしアリアナ・グランデさんの日本と韓国の対応の差に、韓国ファンが非難の声を挙げています。

 

何故、アリアナ・グランデさんは韓国でこういう態度に出たのでしょうか?

 

アリアナ・グランデは韓国で契約外の行事に参加させられそうだった!

アリアナ・グランデさんの韓国公演のチケットは、韓国の「HYUNDAI CARD(現代カード)」の主催で発売されました。

 

チケットは1次前売りの13000枚が10分で売切れ、2次前売りの7000枚がわずか3分で売り切れる盛況ぶりでした。

 

発売されたチケットの中には、65万ウォン(約6万5千円)でアリアナ・グランデさんの公演リハーサル観覧と写真撮影ができる「VIPチケット」というものもありました。

 

しかしこの「VIPチケット」は、韓国側が勝手に発売したらしいのです。

 

そのうえ、8月15日の韓国政府主催のイベントに勝手にアリアナ・グランデさんを出席させるプランもあったそうなのです。

 

そのため、アリアナ・グランデさんが契約外の行事参加を拒否して、ギリギリの韓国入りとなったそうなのです。

 

アリアナ・グランデさんがトイレで声出しを行なっていたのも、コンサート前の会場に事前にセッティングしていない取材陣が勝手に入り込んでいたからだそうです。

 

それが本当だとしたら、トイレで声出しをするしかなかったアリアナ・グランデさんが可哀想です 😥 

 

ただ「HYUNDAI CARD」側は発表した声明の中で

一方、議論になった今回の公演の「VIPパッケージ」は、アリアナ・グランデ公式サイト内のファンページを通じて販売されたもので、アーティスト側で自主的にファンたちのために販売および運営するワールドツアー商品です。HYUNDAI CARDはアーティストの権利を尊重しようと該当商品の販売および運営に関与しませんでしたが、これを購入したファンの方々が約束された特典を提供されることができない点に対して、主催者として非常に遺憾に思います。これに対しHYUNDAI CARDは韓国内の公演企画会社を通じて、該当する観客の方々への払い戻しなどに対して案内させていただき、早く措置が行われるように商品販売業者と協議中です。

と述べ、VIPチケットを販売したのはアリアナ・グランデさん側だと反論しています。

 

韓国のファンからは怒りや失望の声があがり、ファンの中にはアリアナ・グランデさんに「ヤマモト・グランデ」と日本人のようなあだ名をつける人まで現れたそうです。

 

しかし韓国側で契約外の行事にアリアナ・グランデさんを参加させようとしていたのだとしたら、アリアナ・グランデさんがそれを拒否して滞在時間をできるだけ短くした理由も合点がいきます。

 

以上、アリアナ・グランデさんの韓国公演の話題でした。